大阪市で遺言、相続、成年後見のことなら、「うえだ行政書士事務所」へおまかせください!女性行政書士だから安心してご相談いただけます。

大阪市の遺言、相続、成年後見ならうえだ行政書士事務所

うえだ行政書士事務所
代表:上田 桂子
〒547-0047
大阪市平野区平野元町2-8

TEL:06-6792-6724

営業時間:9:00~17:30
(土日・祝日・年末年始を除く)

ご相談・お問い合わせ

女性のための法人設立支援

結婚や出産を機に会社を退職。ところが、子育てが一段落してもう一度働こうとしても、なかなか思うようなところに就職できない。

あるいは、長年続けて働いてきたが、ふと「今のままでいいのだろうか?」と考えてしまった…

また、家庭や勤め先の諸事情により、同じ職場で勤務することが難しくなる方もいらっしゃることでしょう。

私が以前に働いていたところは、電車のダイヤにもよりますが、早ければ約30分で自宅から通勤できるところでした。ところが、通勤に1時間半ほどかかる別の部署への異動が決まりました。仕事の内容も今までとは違うものです。その上、異動先の職場は、介護の必要な家族がいるなど働いている人が個人で抱えている事情に対して、あまり配慮がないようにも聞いていました。

高齢で体調があまり良くない母親を抱えていることもあり、悩んだ末に退職することにしました(それだけが退職の理由ではありませんが)。その後、私の退職後1年も経たない内に母親は大病を患い、翌年に手術。45日間入院しました。

異動が決まった時に、もし退職せずに異動に従っていたとしても…
通勤時間が今までよりも3倍かかり、慣れない職場での新しい勤務で、その上に母親が病気をすれば、結局は退職することになったかも知れません。

同世代の友人にこの話をしたところ、長年続けて同じ職場に勤務した方が通勤の難しいような遠方へ異動させられたり、今までのキャリアを生かせないような部署への配置転換を命じられたりしているようです。その結果、やむなく退職する人もおられるようですね。

思うような仕事ができない。
心ならずも退職しなければならなかった。

このような状況を逆に生かして、これまでのキャリアを生かしつつ、新しいことに挑戦してみたい。

例えば会社を起業したり、一般社団法人やNPO法人などを立ち上げて社会貢献をしたい。

そんな挑戦をされる女性の皆さんに、当事務所も協力したいと考えます。

まずは女性同士で、一度ゆっくりお話をお伺いします。
初回相談料は無料ですので、お気軽にご連絡ください。

▲ このページの先頭へ